横浜で脂肪吸引したい!

脂肪吸引の美容外科クリニック

 

脂肪吸引は今や一般的なものになりつつあります。お腹周りやふくらはぎ、太ももの脂肪は、つきやすくて落ちにくい厄介なものですよね。
自分でダイエットをしても思うように落としたいところの脂肪だけをとることは難しいです。
脂肪吸引はこうした部分的ないらない脂肪をピンポイントで落とすことができるのが大きなメリットです。エステでお金を払っても思うように痩せないことも多く、時間もかかります。
思い切って脂肪吸引したほうが、ずっと早くて確実です。皮膚に負担の少ない新しい術式が開発されていて、脂肪吸引の垣根は低くなっています。

 

手術は怖いけど・・・

手術はリスクもあり、怖いですが、今は技術も進み、体に負担の少ない施術が増えています。一昔前の脂肪吸引と違って短時間で済み、ダウンタイムも短いので気軽に試してみる女性も増えています。腫れが長引くかは個人差もありますが、以前よりも短い、腫れない、モノが確実に増えています。

 

ピンポイントで即痩身できる

お腹、太もも、アゴ周り、二の腕、お尻などなど悩み箇所をピンポイントでスリムにできるのはやっぱり魅力です。特に小顔になりたい女性には脂肪吸引は人気です。アゴ周りに脂肪がつきやすい人も手軽に小顔になれます。

 

モニターを上手に使おう!

各クリニックは高額な手術でも割安で体験できるようにモニターを募集しているところも多いです。美容整形でよく見かけるビフォーアフターの写真モデルに協力する、定期的に術後の検査に来るなどの比較的低いハードルでモニターに参加できます。クリニックの案内を定期的に確認しておくのがねらい目です。キャンペーンの時期は変わりますが、上手く時期が重なればコスパも◎です。

 

横浜エリアでは、品川美容、湘南美容が定期的にモニター募集をしていてねらい目です。

横浜で高評価の脂肪吸引クリニック一覧

横浜の脂肪吸引クリニック1位品川美容外科 横浜院

品川美容外科 脂肪吸引

 

14万人以上の脂肪吸引の実績があるクリニックが品川美容外科です。他院よりも料金が安い上、施術のメニューが豊富で、

プレミアム脂肪吸引
ボディジェット
とことん脂肪吸引 (スマートリポレーザー)
とことんボディジェット
ベイザー脂肪吸引 (脂肪細胞を90%除去)
 ※横浜院ではボディジェットはしていません。

最新の脂肪吸引を受けることができます。
また、顔の脂肪取りのメニューも特に充実していて、小顔になりたい女性には一押しです。

 

また、切らない痩身メニューにも力を入れていて、

エバー・スリムR (皮下脂肪を減らす注射、ダウンタイムがない)
パーツ別に見る 1日脂肪取りR
Newヴィーナス痩身 (高周波の痩身マシン)
くびれヴィーナスR (超音波の痩身マシン)

様々なニーズに合わせて、カラダに負担のない脂肪対策ができます!

 

品川美容外科 公式

 

横浜院/横浜市西区北幸 1-1-8 エキニア横浜7F

 

 

横浜の脂肪吸引クリニック2位湘南美容外科 横浜院
脂肪吸引

 

4万件以上の脂肪吸引の実績がある湘南美容外科。

美ボディ 脂肪吸引
根こそぎボディジェット (ジェット水流で脂肪を溶かす)
根こそぎとれるVASER(ベイザー)脂肪吸引 (人気)
VASER脂肪吸引 4Dスカルプ (横浜院でOK)
NEWAquicell(アキーセル)脂肪吸引 (高周波振動)

手術法も最新のものをどんどん取り入れて、安全な手術ができます。ボディデザインにこだわって、仕上がりの美しさを実現してくれます。
保障制度も充実していて、モニター募集も積極的にしているのでねらい目です。

 

湘南美容外科クリニック横浜院の院長先生、竹田医師は、
脂肪吸引では有名なドクターです。症例数は5000例と経験がとにかく豊富です。
ベイザー吸引での最高レベルの資格を、日本でただ一人取得したという先生です。
ボディラインのこだわり、美しさには定評があります。
湘南美容外科でも3人しか施術できない、ベイザー4Dも、横浜院で受けることができます!

 

湘南美容外科 公式

横浜市神奈川区鶴屋町 2-23-2 TSプラザビル3F
(JR横浜駅西口 徒歩5分)

 

 

横浜の脂肪吸引クリニック3位聖心美容クリニック 横浜院

 

 

横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルANNEX7F

 

 

THE CLINIC 横浜

 

横浜市西区北幸 1-1-8 エキニア横浜 8F

 

 

渋谷美容外科クリニック 横浜院
脂肪吸引(ボディジェット) 渋谷美容外科クリニック

 

神奈川県横浜市西区南幸2-11-1 横浜MSビル7F

 

脂肪吸引(ボディジェット)  79800円(税別)
※麻酔代・システム代・血液検査代・ガードル代が別途かかります

 

ジェット水流で脂肪を融解させて、吸引していく方式です。脂肪吸引の一般的な手法で、料金も明瞭で利用できます。顔の脂肪吸引はできませんが、その他の部位の吸引は〇。脂肪溶解注射(メソセラピー)、スーパーエンダモロジー、痩身マシンも充実しているので、自分に合った施術を相談しやすいです。

 

月〜金/11:00〜14:00 15:00〜20:00
土・日・祝/10:00〜14:00 15:00〜19:00

横浜のクリニックで料金を比較!

 

クリニック   部位 料金  
品川 エバー・スリム 太もも(内側) 144000円〜288000円 税抜
  通常 太もも(内側) 83300円 税抜
  とことん脂肪吸引 太もも(内側) 233330円 税抜
  ベイザー 太もも(内側) 377770円 税抜
湘南 ベイザー 太もも(内側) 198000円 税込
  ベイザー4D 太もも(内側) 386100円 税込
  アキーセル 太もも(内側) 386100円 税込
ザ・クリニック   太もも(内側) 280000円 税抜
聖心   太もも(内側) 270000円+80000円 税込
渋谷美容外科 ボディジェット 太もも(内側) 79800円 税抜

 

ここでは、人気部位の太ももの脂肪吸引で料金を比較しました。どの施術方法を選ぶか?で料金は大きく異なります。また、取り除く脂肪の量でも料金は変わります(品川美容外科)。一応の参考ですが、最新の吸引法は料金が高くなります。
聖心美容外科は、吸引の費用に加えて、手技量も8万円(税抜き)でかかるので、かなり高額に感じます。各クリニックで、血液検査代、薬代、麻酔代など別々にかかってくるので、きちんと総額を計算して、予算を考えましょう。

 

脂肪吸引に掛かる費用っていくらぐらい?

 

平均的な相場の目安としては、

 

おなか=25〜90万円
ほお・あご=20〜40万円
おしり=15〜40万円
太もも=15〜50万円
二の腕=10〜40万円

 

となります。

 

もちろん、同じクリニックの中でも、「患者の体質」「取り除きたい脂肪の量」などでも変わってきます。また、より痛みを少なくなくしたり、仕上がりが良くなるよう補助的な方法もどんどん進化しています。これらは「オプション」ということになって、別料金になっていることもあります。

 

表示されている値段が、「全部含まれていて、それ以外には全くお金がかからない」というところもあれば、「最初に提示したのは、基本的な部分だけの料金。麻酔代、薬代、抜糸の費用などは別に請求」というところもあります。

 

どういった料金パターンになっているかは、最初のカウンセリングでしっかりと確認しておく必要があります。また、カウンセリングでの話があいまいならば、そのクリニックは避けておいた方がいいでしょう。後々何かとトラブルが起こりがちです。

 

自由診療に注意!

まず、知っておかないといけないのが、「脂肪吸引は自由診療である」ということです。クリニックや美容外科などの医療機関で診てもらうとはいえ、治療の扱いにはなりません。美容のためですので、健康保険は効きません。また、その診察費などもクリニックなどが自由に決めていいことになっています。そのため同じような方式の脂肪吸引をやっていても、料金の高いところと安いところがあります。また、「高いから信頼できる。内容もいい」「料金の安いところは手を抜いている」というものではありません。単に「営業方針」から決まっていることが多いです。

 

脂肪吸引の人気部位

 

顔の脂肪吸引

フェイスラインの吸引は効果がわかりやすくて人気です。二重顎で悩んでいる人はすぐに小顔になることができます。頬も脂肪がつきやすいですが、凸凹は目立ちやすいので、慎重にするかしないか考えましょう。

 

まぶたの脂肪吸引

まぶたの場合は、通常のたるみとりの手術が一般的です。脂肪を吸引するよりは、切開した手術で脂肪を取り除くやり方のほうが効果的でメリットも大きいです。各クリニックで整形手術も行っているところで、どちらか適したほうをカウンセリングで聞いてみましょう。

 

太ももの脂肪吸引

太ももの隙間を作りたいという場合に人気です。太ももは各クリニック細かく分かれています。太ももの内側、外側、全面、後面と4つに分かれています。それぞれの部位で料金が8万〜39万円かかるので注意しましょう。太もも丸ごと行う場合は、4倍の料金になります。

 

二の腕

実は手術の難しい箇所です。脂肪は少なく、筋肉の量が多いためです。なので、経験豊富な医師にお任せする必要があり、ドクター選びはかなり慎重に行う必要があります。凸凹になりやすい箇所なので、高額なクリニックでも腕が確かなところなら積極的に検討しましょう。

 

お腹

脂肪の量が多いので、吸引も効果がでやすいです。皮下脂肪は吸引できますが、内臓脂肪はできないので、この点は注意しましょう。自分のお腹の脂肪がどのタイプなのか、きちんとカウンセリングで診断してもらうこと。脂肪吸引ではなく他の痩身マシン(エンダモロジー、ハイパーナイフ、など)のほうが効果的な場合もあります。

 

ふくらはぎ

ふくらはぎも脂肪吸引が難しい箇所です。実績充分な医師にお願いすることが大切です。安いだけで、若い、インターンの医師などは避けましょう。

 

リスクを知っておこう!実際に脂肪吸引で起こりがちな事故・トラブル

 

蓄積したムダな脂肪を簡単に取り除くことができる脂肪吸引は、費用はかかるとしても是非やってみたいという方も多いでしょう。
ですが、脂肪吸引はメリットだけではなく、事故やトラブルが起こるデメリットがあるのも実情です。

 

まず事故に関してですが、希に脂肪を吸引するための管を入れるための切開を大きくしすぎてしまったり、脂肪を吸引しすぎてしまったりすることがあります。
切開部分が大きくなると、その分治るのが遅くなってしまいますし、感染などのリスクも高くなります。
脂肪を吸引しすぎるなら特に問題ないのでは、と思うかもしれませんが、取りすぎのせいでバランスが崩れたり、違和感のある仕上がりになってしまいます。
ただし、事故に関しては起こることの方が珍しく、ほとんどの場合、医師の技術が未熟なせいで起こるので、経験のある医師に任せれば事故の心配はありません。

 

ですがトラブルというのは、比較的頻繁に起こります。
トラブルの中でももっとも多いのは、自分の理想通りに仕上がらなかったというものです。
「もっと細くなると思った」「左右のバランスが悪い」「内出血がある」など、術後に違和感を覚えてクレームを出す人は少なくないようです。
ただ、こういった利用者側から発信するトラブルは、事前の説明不足、もしくは利用者が脂肪吸引に関してきちんと理解していないせいで起こります。
仕上がりのイメージの相違に関しては、基本的にカウンセリングで医師としっかり相談し合う必要があります。
例えば、体脂肪率が30%以上の方の場合、1回脂肪吸引をしたからといって普通の体型まで痩せられるということはありません。
1回の吸引できる脂肪の量には限界がありますし、仮に大量に吸引出来たとしても、そうすると皮膚が余ってたるみができるので、脂肪量は減らせても体のラインを補足することはできないのです。
つまり、ほとんどが説明をきちんと聞いていない、もしくは理解していないことでトラブルが起こるので、脂肪吸引をする場合はカウンセリングの内容を自分の中に落とし込んで理解しておくことがトラブル回避のポイントになります。

 

ダウンタイム

脂肪吸引の手術では、ダウンタイムの長い短いの差があります。切らない脂肪吸引なら、1日だけで通常の生活に戻ることができます(品川美容 エバースリム)。他の体にメスを入れる脂肪吸引は、術後2〜3か月かけてきれいなボディラインになります。傷口は数日〜1週間で内出血、腫れがありますが落ち着いていきます。どの部位を手術するか、医師の技量でダウンタイムの期間は大きく変わってきます。
⇒脂肪吸引でよく聞かれるダウンタイムって何?

 

ベイザー脂肪吸引が人気の理由


ベイザー波という超音波を使って皮下脂肪を徹底的に乳化(液状化)させて吸引していく方式。脂肪を確実に根こそぎ取れる強力な脂肪吸引方式です。
この方式をメインに採用しているクリニックがほとんどで、現在の脂肪吸引の主流の方式です。ベイザーは超音波の振動エネルギーを利用して皮下脂肪を液状に溶かしていきます。そのあとに遊離された脂肪組織を刃のないカニューレを使って、そっと吸引して体外へ出していきます。術後の細胞組織が残るので、で肌が凸凹になりにくいというメリットがあります。

 

その他の脂肪吸引の種類

ライポマティック脂肪吸引

 

湘南美容外科クリニックで採用している方式です。日本初でいち早くアメリカの技術を採用しました。超音波振動の力で脂肪を吸引していきます。熱を使わないで吸引するという点がこれまでと大きく異なる点です。そのため、手術後の回復が早い、仕上がりが滑らかできれいと、従来のベイザー方式の弱点をクリアしています。手術時間も短くなり、今後主流の方式になるかと思われます。頑固なセルライト除去にも効果が高く期待されています。

脂肪吸引の手術法、進化の流れ

脂肪吸引では「カニューレ(吸引管)」と呼ばれる細い管を皮膚に射し、皮下脂肪を吸い取ります。シンプルでしかも直接的な方法です。

 

かつてはあまり工夫もなく、ほとんどこれだけでやっていました。
ですが、それだと……

 

・カニューレが皮膚の下でスムーズに動かない
・皮下脂肪が硬すぎて、取り出しにくい。また、神経や血管を傷つける可能性がある

 

……といった問題がありました。

 

そこで基本となる操作は同じでも、補助として様々な工夫が加えられるようになってきています。

 

@超音波脂肪吸引(体内式)

最初に登場したのがこの体内式の超音波脂肪吸引です。皮膚に入れたカニューレから直接、皮下脂肪に超音波振動を与えます。これで皮下脂肪が軟らかくなり、スムーズに吸い取れるわけです。ただし、超音波振動のエネルギーの一部は、熱に変わります。皮膚の中でヤケドを起こしてしまう可能性もありました。
今ではほとんど使われていません。

 

A超音波脂肪吸引(体外式)

@と同じ超音波といっても、皮膚の外から振動を与えます。「装置を皮膚に押し当て、ミクロの単位で揺り動かす」といった感じです。@よりは安全性が高いです。ただ、こちらは皮膚の表面がヤケドするリスクがあります。

 

Bチューメセント法

カニューレを入れる前に皮膚に、麻酔薬や止血剤を溶かした生理食塩水を入れます。これで皮下脂肪をふやかし、また麻酔も十分に効かせることができます。

Cハイパーインフレート法

Bとほぼ同じです。Bでは皮膚の深いところには十分な効果があったのですが、中間層や表面近くは不十分でした。改良し、その欠点をなくしたものを、特に「ハイパーインフレート法」と呼んで、違いを強調している美容皮膚科・美容外科・クリニックがあります。

 

Dベイザーリポ

カニューレ自体が超音波振動を発生させるようになっています。また、この振動数は@やAとは異なり、皮下脂肪だけが影響を受けるものに調整されています。
これで安全性も、取り除ける脂肪の割合もアップしています。

 

Eボディジェット脂肪吸引

※品川 湘南
カニューレの最先端には、ジェット水流を噴き出す口がついています。この水流により、脂肪がはがれやすくなります。吸引のための口はそれよりもやや上です。水流を出すと同時に、脂肪とその水が混ぜ合わさったものを吸い取っていく形になります。また、この水流には麻酔や止血剤も混ぜてありますので、皮膚の隅々まで薬剤の効果を行き渡らせることができます。

 

これらの新しい脂肪吸引のノウハウは、単独ではなく、複数組み合わせられることもあります。これらがない時代には、脂肪が吸引できる割合は70パーセント程度でした。今は90パーセントぐらいまで上がっています。また、安全性も高まり、吸引した皮膚も凸凹が少なくなるなど、仕上がりもよくなっています。

 

脂肪吸引シリンジ法とスマートリポ脂肪吸引法

 

脂肪吸引の方法はどんどん進化しています。また、それに伴っていくつかのバリエーションも登場しています。これらのバリエーションは、「吸引管(カニューレ)を皮膚に挿し込み、脂肪を吸い取る」という基本的な方法と比べると、一長一短です。ほぼ共通するのは、「体への負担が少ない」といった点でしょう。「あまり体に負担を掛けたくない」という人には十分検討してみる価値があります。

 

脂肪吸引シリンジ法

そういったバリエーションのひとつが「脂肪吸引シリンジ法」です。「シリンジ」とは「注射器」のことです。吸引管を挿し込み、機械の力で脂肪を吸い取る代わりに、容量が10ccほどの注射器を使います。押子(プランジャ)を引くのも手動です。

 

メリットは

 

・傷口がごくごく小さく、皮膚の下の組織を傷つけることが少ない。回復も早い
・細かい作業ができ、吸引する量の調節も簡単。なので、仕上がりもきれいになる

 

デメリットは

 

・吸引できる量が限られている。
・まだまだこの方法に熟練した医師が少ないので、その分失敗の可能性もある

 

スマートリポ脂肪吸引法

もうひとつ、「スマートリポ脂肪吸引法」を導入しているところもあります。

 

 

 

品川美容外科「とことん脂肪吸引」

 

これには医療用のレーザー機器を使います。カニューレを皮膚に挿しますが、吸入はしません。カニューレの先端からレーザー光を発するようになっています。このレーザーのエネルギーで脂肪を溶かしていきます。溶けた脂肪は2、3か月かけて自然と排出されます。

 

メリットとしては

 

・一般的なカニューレは2〜3ミリなのに対し、こちらは1ミリ程度。だから傷も小さくて済む
・皮下組織へのダメージも少ないので、回復が早い。圧迫サポートも早く外せる
・一般的な吸引に比べると、自然な脂肪減少になるので、仕上がりもきれい

 

デメリットは

 

・1回での効果は大きくないので、2、3回施術するひつようがある
・脂肪は溶かすが、脂肪細胞まで破壊するわけではないい

 

特に問題になるのは、「脂肪細胞まで破壊するわけではない」でしょう。
一般的な脂肪吸引であれば、脂肪細胞まで吸い取ります。そのためリバンドの心配はありません。
このスマートリポ脂肪吸引法の場合は、いったん脂肪がなくなっても、以前と同じような生活をしていると、いずれまた脂肪が付いてしまいます。

 

 

脂肪吸引をする病院の選び方、これがポイント

 

脂肪吸引をしてもらうクリニックや美容外科を選ぶとき、ほとんどの人はインターネットでそのクリニックなどのホームページをチェックするでしょう。

 

美容外科を選ぶ

美容皮膚科は手術をしません。診療と手術以外の治療を扱うところですので、脂肪吸引をしている美容外科を選びましょう。

 

怪しいクリニックに注意

ほとんどのところで、「当院ではこんなに素晴らしい方式の脂肪吸引をやっています」と強調しています。「改良が加えられ、もっとも新しい吸引方法です」となってでもいれば、さらに興味を引かれるでしょう。確かに、新しい方法はこれまでの弱点が克服されていることが多いですですが、その一方で「必ずしも良くなっているわけではない」「未熟な医師には助かる技術でも、ベテランには不要」といった「最新テクノロジー」もあります。中には「宣伝効果があるので次々に最新のノウハウや機器を導入している。だけども、あまりに頻繁で、その使い方に習熟する余裕がない」といった困ったクリニックもあります。

 

カウンセリング

このホームページでいくつか候補を絞り込んだら、今度はカウンセリングに行ってみましょう。「実際にクリニックを訪れて、話を聞いてみる」ということですね。ほとんどのところが無料相談ができます。ホームページからや電話で予約できるようになっています。
これでは、まず「脂肪吸引の基本」について説明があるでしょう。
また、あなたの望みを聞きます。体質のチェックをするところもあります。これらがないと、「どこまで脂肪が取れる」「回復までの期間」「費用」などが出せません。
このカウンセリングの係には、実際に手術をすることになる医師本人のところもあれば、違うところもあります。
できれば、同じ方が安心でしょう。
その場で契約まで済ませることもできます。ですが、いったん持ち帰って、考える時間を作るのが基本です。もし、話の内容に納得がいかなかったり、病院内部や医師や看護師の様子を見て不安を感じるようならば、やめておきましょう。「医師や看護師の応対の感じが悪い」程度のことであっても、それも十分にやめておく理由になります。そういったところは何かとトラブルも多いものです。

 

口コミ

また、ネット上のいわゆる“口コミ”は貴重です。もちろん、実際にそこで手術を受けた人の感想を探すのです。

 

・過去に医療上の事故を起こしていないかどうか
・カウンセリングの時に話のなかったような費用までかかるかどうか
・「痛みがない」とか「仕上がりがきれい」といっていても本当にそうかどうか

 

……といったことをチェックしましょう。

 

モニター

紹介があれば料金が安くなる、モニター募集していれば手術前後の写真撮影に協力する、定期的に決められた時に病院に行くなどの簡単な条件で割引価格で施術を受けることもできます。

 

各クリニックごとに症例の写真を提示しているので、無料相談の時も、いろいろ見せてくれます。

 

 

 

まとめ

 

はじめて脂肪吸引をする場合は、不安でよね。今では、脂肪を取るためには様々な施術方法も生まれてきています。
カニューレで吸い取るだけの吸引はもう古いのです。脂肪を溶かす注射や、痩身マシン、も、どんどん進歩しているので、カラダに負担の少ない方法を柔軟に選びましょう。
横浜では大手クリニックがありますが、自分にどれがいか迷ってしまいますね。当サイトを上手く活用して、安全で納得の脂肪吸引クリニックを見つけてください。

 

 

 

https://脂肪吸引横浜なら.com/