脂肪吸引が可能な部位

 

「ダイエットをやっても効果がはっきりしない」「やせたという効果がすぐにほしい」という人が注目しているのが、脂肪吸引です。

 

特に部分やせに向いている方法です。

 

とはいえ、体の部位ごとに「効果が出やすいところ」「効果が出にくいところ」「手術自体が無理なところ」があります。

 

まず、効果が出やすく、男性の間で、吸引の希望者が多いのが、「ほお」と「あご」です。

 

特に男性の場合、ここが緩んでいると、幼く見られたり、だらしない印象を与えてしまいます。

 

手術も容易で、比較的短時間で済みます。

 

次に男性の希望者が多いのは、「おなか」でしょう。

 

へその近くから、管を挿し込みます。効果はしっかり出ます。傷口もあまり残りません。

 

ですが、部位も広く、脂肪も厚く付いていることが多いので、手術時間も長めになります。

 

ほかに「効果の出やすいところ」としては、「太もも」「おしり」などがあります。

 

また、「手術はできるけども、効果が出にくい」というのが、「二の腕」「ふくらはぎ」「足首」「腰回り」「ひざ」「背中」などです。

 

効果が出にくい理由は、「二の腕」「ふくらはぎ」は「筋肉の量の量が多い」、「足首」「背中」などは「脂肪の量が少ない」です。

 

こういった部位を下手な医師が脂肪吸引すると、吸い取りすぎて、皮膚が凸凹になってしまうようなことがあります。

 

また、「手術自体が無理」「あまり適していない」というのは、「首」「手の指・甲」などです。

 

また、どの部位の吸引が可能か・不可能かは、医師の熟練度だけではなく、患者個人の脂肪の付き方でも変わってきます。

 

⇒横浜の腕のいい脂肪吸引クリニックは?